本・雑誌 検索結果:73 件

21~25件表示 | 前を表示 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 | 次を表示

奥州三十三観音の旅 改訂新版

岩手、宮城、福島にまたがる奥州三十三観音は、由緒や伽藍の規模など、他に誇りうる寺院が多く、奥州の歴史・文化を知る上で、貴重な文化財となっている。現在の札所は宝暦11年(1761年)に、気仙沼の三十番札… [詳しく見る]
◆A5 判
◆164 ページ
1,870円(税込)
詳しく見る

東北学院の歴史

学校法人東北学院著

第1章「誕生」は、押川方義、ウィリアム・E・ホーイによる仙台神学校創立から筆を起こします。第2代院長、デイヴィド・B・シュネーダーの専門部校舎の建設など高等教育機関として拡大していく過程を描きます。 … [詳しく見る]
◆A5 判
◆168 ページ
880円(税込)
詳しく見る

守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡

福永 久典

公立相馬総合病院、初めての研修医が語る、地震、津波、そして原発事故。未曽有の危機を乗り越え医の営みを守り抜き、住民の希望を絶やさなかった真実の記録。
[詳しく見る]
◆A5 判
◆176 ページ
1,320円(税込)
詳しく見る

四ツ谷用水 光と影 増補改訂版

大和田雅人著

伊達政宗の命で築かれた四ツ谷用水。およそ80年の歳月をかけ、城下町を縦横に織りなした44キロの水路は仙台の基盤を創り上げました。しかし、都市交通の発展や下水道の整備によって水路は明治期から昭和初期にか… [詳しく見る]
◆A5 判
◆200 ページ
1,650円(税込)
詳しく見る

よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書… [詳しく見る]
◆A4 判
◆104 ページ
1,760円(税込)
詳しく見る
21~25件表示 | 前を表示 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 | 次を表示