太宰治と仙台 −人・街と創作の接点

須永誠 著

10月19日発売予定 予約受付中

太宰文学の終戦前後のキーワードは「仙台」だった
 「惜別」「パンドラの匣」「たずねびと」…。仙台ゆかりの名作に焦点を当て、街や友人らとの結び付きと作品との関係を解き明かす。
仙台医専で学んだ魯迅を描くため、明治時代の河北新報を書き留めた「惜別メモ」の全体像や、文芸誌「東北文学」との関係、仙台出身の弟子たちへの思いも紹介。さまざまなエピソードは、人情に厚く、家庭を大切にした、太宰治の意外な素顔を浮かび上がらせる。
「仙台」を切り口に、新たな視点から人間・太宰治と、太宰文学の真価に迫る
◆A5 判
◆240 ページ
2019年10月19日発売
1,540円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 河北Standard宮城2019-7・8月号(No.31)
  • 河北Standard宮城2019-9・10月号(No.32)
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心