太宰治と仙台 −人・街と創作の接点

須永誠 著

10月19日発売予定 予約受付中

太宰文学の終戦前後のキーワードは「仙台」だった
 「惜別」「パンドラの匣」「たずねびと」…。仙台ゆかりの名作に焦点を当て、街や友人らとの結び付きと作品との関係を解き明かす。
仙台医専で学んだ魯迅を描くため、明治時代の河北新報を書き留めた「惜別メモ」の全体像や、文芸誌「東北文学」との関係、仙台出身の弟子たちへの思いも紹介。さまざまなエピソードは、人情に厚く、家庭を大切にした、太宰治の意外な素顔を浮かび上がらせる。
「仙台」を切り口に、新たな視点から人間・太宰治と、太宰文学の真価に迫る
◆A5 判
◆240 ページ
2019年10月19日発売
1,540円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 南東北名山ガイド 栗駒山
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 東北学院の歴史
  • 河北春秋ノート
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ