貞山堀に風そよぐ 仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪

仙台の海浜を南北に貫く貞山堀沿いでは、独自の風土と文化に根差した暮らしが営まれていました。未曾有の震災に見舞われても、その麗しい水面の香りと思い出は人々の心の中に生き続けています。江戸期における運河の開発と苦難の末につかんだなりわい、激動の明治、昭和から平成のゆったりとした流れ、そして大津波の襲来と一本の水路に刻まれた記憶をたどります。

◆A5 判
◆208 ページ
2019年03月14日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 月を見あげて第三集
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 東北の芸術家たち −人生・仕事を語る
  • タマゴマジック
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 東北のジュリエット シェイクスピアの名せりふ