仙台藩ものがたり

河北新報社編集局編

仙台開府400年記念企画として新聞連載されたものを出版化。
朝鮮出兵 10年の京都滞在 築城・社寺造営 遣欧使節など
政宗、天下人へ夢馳せる 今に輝き放つ独自の国づくり
仙台藩主と人々の実像を様々な角度から紹介。

●内容
第1章 政宗渡海
第2章 奥羽の雄
第3章 領国経営
第4章 まちを開く
第5章 文化と暮らし
第6章 近代の夜明け
終 章 語り継ぐもの
関連年表・伊達氏略系図
あとがき
主な参考文献
◆A5 判
◆240 ページ
2002年06月01日発売
1,980円(税込)  注文数
その他関連商品
  • とうほく民話散策
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 明治維新と宮城の芸能
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉