地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 東日本大震災10年 復興の歩み 宮城・岩手・福島
  • いつもの明日
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • とうほく民話散策
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災