地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)
  • 東北のジュリエット シェイクスピアの名せりふ
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 育なびみやぎ2018
  • 道の駅旅案内全国地図 平成30年度版
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11