地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 七月十日は灰の町
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 河北スタンダード宮城2016年1・2月号−vol.10
  • 仙台藩ものがたり
  • 河北Standard宮城2019-3・4月号(No.29)
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる