地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 月を見あげて
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • タマゴマジック
  • 河北春秋ノート