明治維新と宮城の芸能

笠原 信男

笠原 信男著
神楽、田植踊、鹿踊、獅子舞―。宮城県の多彩な郷土芸能は、神仏分離など明治維新の改革をどう乗り越えたのか。宮城の芸能の全体像を紹介しつつ、丁寧に解き明かす。 

第1章 宮城の芸能素描
第2章 仙台城下における芸能
第3章 法印神楽の変化
第4章 南部神楽の流行
第5章 十二座神楽の拡大
第6章 大乗神楽の対応
第7章 仙台の田植踊と歌舞伎
第8章 鹿踊の定着
第9章 明治期の雀踊
第10章  神仏分離と宮城の芸能

◆四六 判
◆216 ページ
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • むすび丸日和
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 戦争のころ 仙台、宮城
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • いつもの明日
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 東北学院の歴史
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで