とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉

小林隆、志村文隆、櫛引祐希子、遠藤仁、武田拓、澤村美幸 共著

震災で改めて見直された方言。
地域に根差した言葉は、私たちのルーツであり、人と人とをつなぐ大きな力となった。
 河北新報に連載された「とうほく方言の泉」から800項目を厳選。方言のスペシャリスト6人が軽妙なコラムで解説する。
読書の秋、奥深い言葉の世界に浸ってみては。
◆四六 判
◆282 ページ
2013年09月08日発売
1,080円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 宮城の医療と健康2017-2018
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • タマゴマジック
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • LET’Sみやぎ2018-19  35市町村の祭りイベント年鑑
  • 道の駅旅案内全国地図 平成30年度版
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 月を見あげて第三集
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー