河北選書 とうほく巨樹紀行

植田 辰年

 数百年の歳月を生き抜いてきた巨樹にはさまざまな樹相や風貌があり、人を引き付ける魅力に事欠かない。活力、精気、生命力が伝わり、“神”の気配さえ感じる─という、巨樹に魅せられた著者が東北6県にある名木を訪ね歩き、よりすぐった53本を紹介した。
 すべての樹木には著者が撮影した写真が添えられる。木全体を写したものは少なく、ほとんどは幹の根元付近が中心。岩手県軽米町の「古屋敷の千本カツラ」は「地表に浮き出た根は、まるで渓流の小滝のよう」(著者)と表現するように、迫力を感じさせる。この本を手に、東北の巨樹を巡る旅も悪くない。
◆四六 判
◆236 ページ
2012年07月01日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 東北学院の歴史
  • 南東北名山ガイド 栗駒山
  • 宮城の医療と健康vol.7(2019-2020)
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 月を見あげて
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • せんだい 歴史の窓
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く