河北選書 とうほく巨樹紀行

植田 辰年

 数百年の歳月を生き抜いてきた巨樹にはさまざまな樹相や風貌があり、人を引き付ける魅力に事欠かない。活力、精気、生命力が伝わり、“神”の気配さえ感じる─という、巨樹に魅せられた著者が東北6県にある名木を訪ね歩き、よりすぐった53本を紹介した。
 すべての樹木には著者が撮影した写真が添えられる。木全体を写したものは少なく、ほとんどは幹の根元付近が中心。岩手県軽米町の「古屋敷の千本カツラ」は「地表に浮き出た根は、まるで渓流の小滝のよう」(著者)と表現するように、迫力を感じさせる。この本を手に、東北の巨樹を巡る旅も悪くない。
◆四六 判
◆236 ページ
2012年07月01日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 特別報道写真集「岩手・宮城内陸地震」
  • 2018年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • TBCみやぎ手帖2018
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • せんだい 歴史の窓
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 東北学院の歴史
  • さがすこだわるつくる 地域づくり論