戦争のころ 仙台、宮城

石澤友隆

「苦難の時代」を、仙台や宮城の人々はどう受けとめ、何を求めて生きてきたのか。
新たに発掘した資料や関係者の証言をもとに、「昭和の戦争」の真実を解き明かす。

◆A5 判
◆272 ページ
2020年11月09日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 特別報道写真集2019・10 台風19号豪雨  宮城・福島・岩手の記録
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 津波被災前・後の記録 宮城・岩手・福島 航空写真集
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北選書 みやぎのアイヌ語地名
  • 河北Standard宮城2019-3・4月号(No.29)
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 小さなおうちの12ヵ月