戦争のころ 仙台、宮城

石澤友隆

「苦難の時代」を、仙台や宮城の人々はどう受けとめ、何を求めて生きてきたのか。
新たに発掘した資料や関係者の証言をもとに、「昭和の戦争」の真実を解き明かす。

◆A5 判
◆272 ページ
2020年11月09日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 東日本大震災全記録
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • みやぎ木の花散歩みち
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 南東北の山歩き
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行