戦争のころ 仙台、宮城

石澤友隆

「苦難の時代」を、仙台や宮城の人々はどう受けとめ、何を求めて生きてきたのか。
新たに発掘した資料や関係者の証言をもとに、「昭和の戦争」の真実を解き明かす。

◆A5 判
◆272 ページ
2020年11月09日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 小さなおうちの12ヵ月
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 月を見あげて 第二集
  • 月を見あげて
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11