女の文箱 わたしの句読点

河北新報くらし面の女性限定投稿欄「ティータイム」は50年以上も続く人気コーナー。500字前後の限られたスペースの中で、いかに自分の気持ちを表現するか。
 東日本大震災後の2年間に掲載された1400編の中から253編を選び、紹介します。投稿者は当時8歳の小学生から94歳の女性まで。内容も震災関連だけでなく、趣味や仕事、家族の話など様々。投稿から当たり前の日常の大切さが伝わります。
◆四六 判
◆286 ページ
2013年08月11日発売
1,100円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 河北Standard宮城2020-7・8月号(No.36)
  • みやぎ防災ガイド2020
  • 復元船 サン・ファン・バウティスタ号 大図鑑1990-2021
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心