表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る

文学で語る。音楽で語る。美術で語る。震災を受け、表現者たちは何を感じ、何を表現し、何を伝えようとしたのか―。東北ゆかりの芸術家35人にインタビュー。
ーーーーー登場者氏名ーーーーー
山内 宏泰、新妻 健悦、奈良 美智、大友 良英、伊東 豊雄、和合 亮一、
飯森 範親、鴻池 朋子、畠山 直哉、神谷 未穂、玄侑 宗久、中村 政人、
遠藤ミチロウ、青野 文昭、柴田 滋紀、甲斐 賢治、高田 彩、小山実稚恵、
宮島 達男、高山 登、小野 和子、五十嵐太郎、坂 茂、吉川 由美、
三瀬夏之介、卯城 竜太、赤坂 憲雄、藤井 光、荒木飛呂彦、若松丈太郎、
渡辺 えり、熊谷 達也、佐渡 裕、伊藤 博夫、舟越 桂

◆四六 判
◆178 ページ
2015年03月01日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 宮城ふるさとBOOK2018-19
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 2019年度版宮城県 高校受験総合ガイド
  • 育なびみやぎ2018