ふるさとの星 和名歳時記

仙台市天文台 千田守康

夜空をいろどる無数の星、星座たち。人間はその美しさに惹かれ夜空を見上げてきました。
 今、私たちが親しんでいる星や星座の呼び名は、ほとんどが外来のものです。誰もが知っている「すばる」のような日本古来から伝わる星の和名はたくさんありました。しかし、時代の流れとともに忘れられつつあります。
 航海の目印に伝えられている星、季節の移ろいを教える星など、仙台市天文台職員の著者が宮城県各地で調査した和名を紹介します。 
◆四六版 判
◆196 ページ
2015年12月17日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 《予約》昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 2017年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1
  • 百の花物語
  • 津波被災前・後の記録 宮城・岩手・福島 航空写真集
  • 七月十日は灰の町
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • みやぎ不思議な地名 楽しい地名         
  • 東日本大震災全記録
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年