460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今

河北新報論説委員会編
東日本大震災から3年が経とうとしている今、時の流れとともに震災の記憶が薄れ、被災地は置き去りにされつつあります。
 河北新報夕刊一面のコラム『河北抄』は震災後から被災地の今を伝え続けてきました。本書はその中から170本を抜粋し収録。被災地のさまざまな喜怒哀楽を460字に込めました。


◆四六 判
◆208 ページ
2013年12月21日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
第1章 半年後の風景
第2章 1年後の風景
第3章 1年半後の風景
第4章 2年後の風景
その他関連商品
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 東北学院の歴史
  • 南東北の山歩き
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 明治維新と宮城の芸能
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 仙台育英 2023 夏の激闘 準優勝への軌跡
  • とうほく民話散策
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語