460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今

河北新報論説委員会編
東日本大震災から3年が経とうとしている今、時の流れとともに震災の記憶が薄れ、被災地は置き去りにされつつあります。
 河北新報夕刊一面のコラム『河北抄』は震災後から被災地の今を伝え続けてきました。本書はその中から170本を抜粋し収録。被災地のさまざまな喜怒哀楽を460字に込めました。


◆四六 判
◆208 ページ
2013年12月21日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第1章 半年後の風景
第2章 1年後の風景
第3章 1年半後の風景
第4章 2年後の風景
その他関連商品
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • LET’Sみやぎ2018-19  35市町村の祭りイベント年鑑
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 河北スタンダード宮城2016年1・2月号−vol.10