460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今

河北新報論説委員会編
東日本大震災から3年が経とうとしている今、時の流れとともに震災の記憶が薄れ、被災地は置き去りにされつつあります。
 河北新報夕刊一面のコラム『河北抄』は震災後から被災地の今を伝え続けてきました。本書はその中から170本を抜粋し収録。被災地のさまざまな喜怒哀楽を460字に込めました。


◆四六 判
◆208 ページ
2013年12月21日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第1章 半年後の風景
第2章 1年後の風景
第3章 1年半後の風景
第4章 2年後の風景
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 八木山物語
  • 河北スタンダード宮城2016年1・2月号−vol.10
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 河北スタンダード宮城2015年3.4月号−vol.5
  • 創造 地域ブランド −自律をめざしたまちづくり−
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く