460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今

河北新報論説委員会編
東日本大震災から3年が経とうとしている今、時の流れとともに震災の記憶が薄れ、被災地は置き去りにされつつあります。
 河北新報夕刊一面のコラム『河北抄』は震災後から被災地の今を伝え続けてきました。本書はその中から170本を抜粋し収録。被災地のさまざまな喜怒哀楽を460字に込めました。


◆四六 判
◆208 ページ
2013年12月21日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
第1章 半年後の風景
第2章 1年後の風景
第3章 1年半後の風景
第4章 2年後の風景
その他関連商品
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北選書 みやぎのアイヌ語地名
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 特別報道写真集2019・10 台風19号豪雨  宮城・福島・岩手の記録
  • 河北春秋ノート
  • みやぎ地名の旅
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 小さなおうちの12ヵ月
  • 写真集 必ず明日はやって来る