月を見あげて

佐伯一麦

月を見あげて何を想う―。小説家の心は四季の草花から、友人や家族、文学の世界へと自由に飛び回る。時には月をさかなに酒に酔う。
 月を友とする仙台市の作家・佐伯一麦さんが贈る珠玉のエッセー。
河北新報金曜日の夕刊で好評連載中の随想が、河北選書に登場。初回から70回までを収録。
著者撮影の写真にも注目。
◆四六 判
◆176 ページ
2013年09月14日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • せんだい 歴史の窓
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • 自信がわく英会話
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機