月を見あげて

佐伯一麦

月を見あげて何を想う―。小説家の心は四季の草花から、友人や家族、文学の世界へと自由に飛び回る。時には月をさかなに酒に酔う。
 月を友とする仙台市の作家・佐伯一麦さんが贈る珠玉のエッセー。
河北新報金曜日の夕刊で好評連載中の随想が、河北選書に登場。初回から70回までを収録。
著者撮影の写真にも注目。
◆四六 判
◆176 ページ
2013年09月14日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 東北のジュリエット シェイクスピアの名せりふ
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 月を見あげて第三集
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • みやぎ木の花散歩みち
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心