月を見あげて

佐伯一麦

月を見あげて何を想う―。小説家の心は四季の草花から、友人や家族、文学の世界へと自由に飛び回る。時には月をさかなに酒に酔う。
 月を友とする仙台市の作家・佐伯一麦さんが贈る珠玉のエッセー。
河北新報金曜日の夕刊で好評連載中の随想が、河北選書に登場。初回から70回までを収録。
著者撮影の写真にも注目。
◆四六 判
◆176 ページ
2013年09月14日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 明治維新と宮城の芸能
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • みやぎ地名の旅
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 戦争のころ 仙台、宮城
  • 南東北名山ガイド 栗駒山
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 中高年のための安全登山のすすめ