守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡

福永 久典

公立相馬総合病院、初めての研修医が語る、地震、津波、そして原発事故。未曽有の危機を乗り越え医の営みを守り抜き、住民の希望を絶やさなかった真実の記録。
◆A5 判
◆176 ページ
2017年06月30日発売
1,296円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • 月を見あげて
  • 河北Standard宮城2017-7・8月号(No.19)
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • せんだい 歴史の窓
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 自信がわく英会話