守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡

福永 久典

公立相馬総合病院、初めての研修医が語る、地震、津波、そして原発事故。未曽有の危機を乗り越え医の営みを守り抜き、住民の希望を絶やさなかった真実の記録。
◆A5 判
◆176 ページ
2017年06月30日発売
1,320円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北春秋ノート
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 東北学院の歴史
  • 月を見あげて
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 月を見あげて第三集
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦