守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡

福永 久典

公立相馬総合病院、初めての研修医が語る、地震、津波、そして原発事故。未曽有の危機を乗り越え医の営みを守り抜き、住民の希望を絶やさなかった真実の記録。
◆A5 判
◆176 ページ
2017年06月30日発売
1,320円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 東日本大震災全記録
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • カタカナ語 目からうろこ
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 河北Standard宮城2019-11・12月号(No.33)