地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 東北学院の歴史
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北Standard宮城2017-9.10月号(No.20)
  • 月を見あげて 第二集