地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。
 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津波が越えなかったからコエズ―など被災地には津波に関わる地名が残されている。
 著者はこれらの地名を大切に守り次世代に伝えたいと語る。掲載地名は上下巻あわせて140カ所。
◆四六 判
◆224 ページ
2013年01月07日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 百の花物語
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • みやぎ防災ガイド2020
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 復元船 サン・ファン・バウティスタ号 大図鑑1990-2021
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • ふるさとの星 和名歳時記