月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 東北のジュリエット シェイクスピアの名せりふ
  • 宮城の医療と健康vol.7(2019-2020)
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 2020年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 月を見あげて第三集
  • 河北Standard宮城2020-7・8月号(No.36)
  • 月を見あげて 第二集