月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 河北Standard宮城2017-9.10月号(No.20)
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 河北Standard宮城2017-7・8月号(No.19)
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録