月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • 2019年度版宮城県 高校受験総合ガイド
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今