月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1