月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 月を見あげて
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する