月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 仙台藩ものがたり
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • みやぎ防災ガイド2017
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • 3・11大震災復興支援企画 ありがとうの詩 詩集・楽曲集
  • 河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • カタカナ語 目からうろこ
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食