月を見あげて第三集

佐伯一麦著

月をこよなく愛する作家がつづるエッセー集、待望の第三弾。ここ1年半に起きた身辺の出来事や、友人・文学仲間との交遊、季節の移ろいなどを軽妙なタッチで描写した。
◆四六 判
◆184 ページ
2015年07月04日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 育なび みやぎ 2022
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 南東北の山歩き
  • 東日本大震災10年 復興の歩み 宮城・岩手・福島
  • 南東北名山ガイド 蔵王