よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書はその復刻版です。
 仙台の街が、焼け野原から10年で大きく復興した状況は、東日本大震災の復興半ばである私たちに勇気を与えてくれることでしょう。
◆A4 判
◆104 ページ
2016年09月29日発売
1,728円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 河北スタンダード宮城2014年11・12月号ーvol.3
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 暮らしの法律便利帳 −増補改訂新版− 弁護士がアドバイス
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 東日本大震災復興研究II 東北地域の産業・社会の復興と 再生への提言
  • むすび丸日和
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉