よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書はその復刻版です。
 仙台の街が、焼け野原から10年で大きく復興した状況は、東日本大震災の復興半ばである私たちに勇気を与えてくれることでしょう。
◆A4 判
◆104 ページ
2016年09月29日発売
1,728円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • 南三陸の山城と石塔
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 河北スタンダード宮城2016年1・2月号−vol.10
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年