よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書はその復刻版です。
 仙台の街が、焼け野原から10年で大きく復興した状況は、東日本大震災の復興半ばである私たちに勇気を与えてくれることでしょう。
◆A4 判
◆104 ページ
2016年09月29日発売
1,760円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版
  • みやぎ地名の旅
  • みやぎ防災ガイド2020
  • 南東北名山ガイド 栗駒山
  • 2020年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • 特別報道写真集2019・10 台風19号豪雨  宮城・福島・岩手の記録
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>