よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書はその復刻版です。
 仙台の街が、焼け野原から10年で大きく復興した状況は、東日本大震災の復興半ばである私たちに勇気を与えてくれることでしょう。
◆A4 判
◆104 ページ
2016年09月29日発売
1,728円(税込)  注文数
その他関連商品
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 河北Standard宮城2017・11・12月号(No.21)
  • 八木山物語
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • 東日本大震災復興研究II 東北地域の産業・社会の復興と 再生への提言
  • 仙台藩ものがたり
  • やる気のモト。2