よみがえる仙台の建築 戦災から10年

1945年7月の仙台空襲で仙台市内の由緒ある建物はほとんど失われました。戦災後に建てられた公共の建物や施設、企業の社屋などを掲載した「仙台の新しい建築」が宮城県建築士会から56年に出版されました。本書はその復刻版です。
 仙台の街が、焼け野原から10年で大きく復興した状況は、東日本大震災の復興半ばである私たちに勇気を与えてくれることでしょう。
◆A4 判
◆104 ページ
2016年09月29日発売
1,760円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 月を見あげて第三集
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 仙台藩ものがたり
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち