河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ

鈴木孝也

 著者は三陸河北新報社を経て石巻コミュニティ放送取締役相談役となり、地域ジャーナリストとして取材・執筆活動を続けている鈴木孝也さん。大地震の震源地から最も近かった牡鹿半島。半島の地は東南東に5.3メートル引っ張られ、1.2メートルも地盤沈下したそうです。大津波にのまれ壊滅状態となった牡鹿半島の各浜は一体、どうなっているのか取材し、まとめた一冊です。
◆四六 判
◆240 ページ
2013年03月12日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • カタカナ語 目からうろこ
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 南東北の山歩き
  •  宮城の医療と健康2018-2019
  • みやぎ不思議な地名 楽しい地名         
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • LET’Sみやぎ2018-19  35市町村の祭りイベント年鑑
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)