河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ

鈴木孝也

 著者は三陸河北新報社を経て石巻コミュニティ放送取締役相談役となり、地域ジャーナリストとして取材・執筆活動を続けている鈴木孝也さん。大地震の震源地から最も近かった牡鹿半島。半島の地は東南東に5.3メートル引っ張られ、1.2メートルも地盤沈下したそうです。大津波にのまれ壊滅状態となった牡鹿半島の各浜は一体、どうなっているのか取材し、まとめた一冊です。
◆四六 判
◆240 ページ
2013年03月12日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 仙台藩ものがたり
  • 河北春秋ノート
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 河北Standard宮城2018-7・8月号(No.25)
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 河北スタンダード宮城2014年11・12月号ーvol.3
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • カタカナ語 目からうろこ