河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ

鈴木孝也

 著者は三陸河北新報社を経て石巻コミュニティ放送取締役相談役となり、地域ジャーナリストとして取材・執筆活動を続けている鈴木孝也さん。大地震の震源地から最も近かった牡鹿半島。半島の地は東南東に5.3メートル引っ張られ、1.2メートルも地盤沈下したそうです。大津波にのまれ壊滅状態となった牡鹿半島の各浜は一体、どうなっているのか取材し、まとめた一冊です。
◆四六 判
◆240 ページ
2013年03月12日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • とうほく民話散策
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 育なび みやぎ 2022
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 奥羽の義 戊辰150年