河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜

齋藤幸男

東日本大震災発生時、東松島市にある石巻西高校は避難所となって被災者を受け入れる一方、生徒の安全安心の確保や授業、部活動の再開など多くの課題に直面した。当時教頭を務めていた著者は震災から7年間の出来事を丹念に記録、後々まで伝えたいと活動する。
◆四六 判
◆304 ページ
2018年06月03日発売
1,080円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • せんだい 歴史の窓
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 河北Standard宮城2017-9.10月号(No.20)
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今