河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜

齋藤幸男

東日本大震災発生時、東松島市にある石巻西高校は避難所となって被災者を受け入れる一方、生徒の安全安心の確保や授業、部活動の再開など多くの課題に直面した。当時教頭を務めていた著者は震災から7年間の出来事を丹念に記録、後々まで伝えたいと活動する。
◆四六 判
◆304 ページ
2018年06月03日発売
1,080円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • みやぎ地名の旅
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • タマゴマジック
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志