震災のうた 1800日の心もよう

河北新報社編集局

河北新報の「河北歌壇」に寄せられた東日本大震災を詠んだ短歌650首をまとめました。最初の年は肉親などを失った悲しみと慟哭、2年目はがれきや焼け落ちた家のこと。3年目になると仮設住宅の暮らしや学校の運動会などが登場します。
「ことばを静かに短歌の定型にのせることにより、かえって心に迫ってくる」選者はこう評しています。未曾有の災害を後世へと伝え、人間の魂の記録として読み継がれることを願ってやみません。
◆四六 判
◆192 ページ
2016年08月07日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 戦争のころ 仙台、宮城
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 河北選書 みやぎのアイヌ語地名
  • 明治維新と宮城の芸能
  • みやぎ木の花散歩みち
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 河北春秋ノート
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版