震災のうた 1800日の心もよう

河北新報社編集局

河北新報の「河北歌壇」に寄せられた東日本大震災を詠んだ短歌650首をまとめました。最初の年は肉親などを失った悲しみと慟哭、2年目はがれきや焼け落ちた家のこと。3年目になると仮設住宅の暮らしや学校の運動会などが登場します。
「ことばを静かに短歌の定型にのせることにより、かえって心に迫ってくる」選者はこう評しています。未曾有の災害を後世へと伝え、人間の魂の記録として読み継がれることを願ってやみません。
◆四六 判
◆192 ページ
2016年08月07日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • みやぎ防災ガイド2021
  • 仙台藩ものがたり
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • せんだい 歴史の窓
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 河北春秋ノート
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • カタカナ語 目からうろこ