伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅

支倉常長ら侍たちが訪ねたラテンの国々。美しい自然と情熱的な人々の姿は、400年後の今も変わらない。使節団の足跡をたどり、写真と軽妙な文章でつづるフォトエッセー

◆四六 判
◆190 ページ
2014年06月16日発売
1,760円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 出航の時
第二章 新たな世界の入り口
第三章 カリブの真珠
第四章 アンダルシアの輝き
第五章 陽の沈まない国の都へ
第六章 信仰の旅路
第七章 ローマの夢
第八章 去る者、残る者
第九章 遥かなるハポン
第十章 旅の終わり
その他関連商品
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 河北Standard宮城2018-9・10月号(No.26)
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男