伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅

支倉常長ら侍たちが訪ねたラテンの国々。美しい自然と情熱的な人々の姿は、400年後の今も変わらない。使節団の足跡をたどり、写真と軽妙な文章でつづるフォトエッセー

◆四六 判
◆190 ページ
2014年06月16日発売
1,760円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 出航の時
第二章 新たな世界の入り口
第三章 カリブの真珠
第四章 アンダルシアの輝き
第五章 陽の沈まない国の都へ
第六章 信仰の旅路
第七章 ローマの夢
第八章 去る者、残る者
第九章 遥かなるハポン
第十章 旅の終わり
その他関連商品
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 津波被災前・後の記録 宮城・岩手・福島 航空写真集
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • Let’sみやぎ2024-25
  • 仙台藩ものがたり
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く