月を見あげて 第二集

佐伯一麦

仙台市の作家・佐伯一麦さんのエッセー集「月を見あげて」の第二弾。河北新報夕刊に連載中の同名の随想から、約70回分を収録した。震災の翌年からおよそ1年半にわたる著者の身辺雑記をつづる。
季節の話題や、友との交流、家族とのだんらんなど、日常の何気ない風景を切り取った。小説とはまた一味違った佐伯ワールドを楽しめる。
◆四六 判
◆180 ページ
2014年07月26日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 河北Standard宮城2021-11・12月号(No.44)
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく