月を見あげて 第二集

佐伯一麦

仙台市の作家・佐伯一麦さんのエッセー集「月を見あげて」の第二弾。河北新報夕刊に連載中の同名の随想から、約70回分を収録した。震災の翌年からおよそ1年半にわたる著者の身辺雑記をつづる。
季節の話題や、友との交流、家族とのだんらんなど、日常の何気ない風景を切り取った。小説とはまた一味違った佐伯ワールドを楽しめる。
◆四六 判
◆180 ページ
2014年07月26日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • みやぎふるさとBOOK2020-2021
  • カタカナ語 目からうろこ
  • 明治維新と宮城の芸能
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 河北Standard宮城2021-9・10月号(No.43)
  • とうほく民話散策
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北Standard宮城2021-5・6月号(No.41)
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山