月を見あげて 第二集

佐伯一麦

仙台市の作家・佐伯一麦さんのエッセー集「月を見あげて」の第二弾。河北新報夕刊に連載中の同名の随想から、約70回分を収録した。震災の翌年からおよそ1年半にわたる著者の身辺雑記をつづる。
季節の話題や、友との交流、家族とのだんらんなど、日常の何気ない風景を切り取った。小説とはまた一味違った佐伯ワールドを楽しめる。
◆四六 判
◆180 ページ
2014年07月26日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • 七月十日は灰の町
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • さがすこだわるつくる 地域づくり論
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 月を見あげて 第二集
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 地域発イノベーションII 東北企業の資源開発・展開・発展