月を見あげて 第二集

佐伯一麦

仙台市の作家・佐伯一麦さんのエッセー集「月を見あげて」の第二弾。河北新報夕刊に連載中の同名の随想から、約70回分を収録した。震災の翌年からおよそ1年半にわたる著者の身辺雑記をつづる。
季節の話題や、友との交流、家族とのだんらんなど、日常の何気ない風景を切り取った。小説とはまた一味違った佐伯ワールドを楽しめる。
◆四六 判
◆180 ページ
2014年07月26日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 2019年度版宮城県 高校受験総合ガイド
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに 
  • 河北Standard宮城2017・11・12月号(No.21)
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • せんだい 歴史の窓
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2