ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災

ラジオ石巻専務取締役 鈴木 孝也

 東日本大震災の津波に襲われた自宅2階から、携帯電話で必死に助けを求めるメールを打ち続けた女性がいた。雄勝小学校の教師は、30kmの道のりを歩いてラジオ石巻にたどり着き、地区の惨状を伝えた。幼稚園にいる娘の安否がつかめず、わらをもすがる思いでラジオ石巻に飛び込み、情報を求める母親がいた。
 甚大な被害を受けた石巻市の地域FM局「ラジオ石巻」はリスナー(聴取者)から数多くのSOSメールを受けた。生死の境にあるリスナーを助けたい―と、アナウンサーはメールや安否情報を伝え続けた。
 ラジオの電波に“駆け込んだ”被災者らの「あの時」を振り返る。
◆四六 判
◆152 ページ
2012年02月08日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 四ツ谷用水 光と影
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに 
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • せんだい 歴史の窓
  • 河北スタンダード宮城2015年1・2月号−vol.4
  • 七月十日は灰の町
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語