ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災

ラジオ石巻専務取締役 鈴木 孝也

 東日本大震災の津波に襲われた自宅2階から、携帯電話で必死に助けを求めるメールを打ち続けた女性がいた。雄勝小学校の教師は、30kmの道のりを歩いてラジオ石巻にたどり着き、地区の惨状を伝えた。幼稚園にいる娘の安否がつかめず、わらをもすがる思いでラジオ石巻に飛び込み、情報を求める母親がいた。
 甚大な被害を受けた石巻市の地域FM局「ラジオ石巻」はリスナー(聴取者)から数多くのSOSメールを受けた。生死の境にあるリスナーを助けたい―と、アナウンサーはメールや安否情報を伝え続けた。
 ラジオの電波に“駆け込んだ”被災者らの「あの時」を振り返る。
◆四六 判
◆152 ページ
2012年02月08日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北春秋ノート
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 東日本大震災全記録
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 月を見あげて第三集
  • 特別報道写真集2019・10 台風19号豪雨  宮城・福島・岩手の記録
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉