ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災

ラジオ石巻専務取締役 鈴木 孝也

 東日本大震災の津波に襲われた自宅2階から、携帯電話で必死に助けを求めるメールを打ち続けた女性がいた。雄勝小学校の教師は、30kmの道のりを歩いてラジオ石巻にたどり着き、地区の惨状を伝えた。幼稚園にいる娘の安否がつかめず、わらをもすがる思いでラジオ石巻に飛び込み、情報を求める母親がいた。
 甚大な被害を受けた石巻市の地域FM局「ラジオ石巻」はリスナー(聴取者)から数多くのSOSメールを受けた。生死の境にあるリスナーを助けたい―と、アナウンサーはメールや安否情報を伝え続けた。
 ラジオの電波に“駆け込んだ”被災者らの「あの時」を振り返る。
◆四六 判
◆152 ページ
2012年02月08日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • みやぎ地名の旅
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 河北スタンダード宮城2015年1・2月号−vol.4
  • 地域発イノベーションII 東北企業の資源開発・展開・発展
  • 宮城ふるさとBOOK 2016年度版
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 薪ストーブと暮らす
  • 河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる