ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災

ラジオ石巻専務取締役 鈴木 孝也

 東日本大震災の津波に襲われた自宅2階から、携帯電話で必死に助けを求めるメールを打ち続けた女性がいた。雄勝小学校の教師は、30kmの道のりを歩いてラジオ石巻にたどり着き、地区の惨状を伝えた。幼稚園にいる娘の安否がつかめず、わらをもすがる思いでラジオ石巻に飛び込み、情報を求める母親がいた。
 甚大な被害を受けた石巻市の地域FM局「ラジオ石巻」はリスナー(聴取者)から数多くのSOSメールを受けた。生死の境にあるリスナーを助けたい―と、アナウンサーはメールや安否情報を伝え続けた。
 ラジオの電波に“駆け込んだ”被災者らの「あの時」を振り返る。
◆四六 判
◆152 ページ
2012年02月08日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに 
  • 河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 四ツ谷用水 光と影
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • 月を見あげて
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで