河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち

野村 哲郎

平成2年から67回に渡って河北新報に連載された企画で、同年7月に河北新報から出版されたものを加筆・修正の上、再発行しました。
第一部は前九年の役の安倍一族と将軍の激闘を、第二部は後三年の役で清原一族が関東武士団と繰り広げた戦いついて、第三部は清衡・基衡・秀衡の藤原三代による平泉の世紀をそれぞれ振り返ります。
激動の時代をエミシたちはどう生きたのか・・・。
◆四六 判
◆212 ページ
2010年07月30日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一部 大負の道
第二部 野望渦巻く
第三部 黄金の桜
その他関連商品
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 
  • 月を見あげて
  • みやぎ防災ガイド2021
  • タマゴマジック
  • カタカナ語 目からうろこ
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 河北Standard宮城2019-5・6月号(No.30)
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく