とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉

小林隆、志村文隆、櫛引祐希子、遠藤仁、武田拓、澤村美幸 共著

震災で改めて見直された方言。
地域に根差した言葉は、私たちのルーツであり、人と人とをつなぐ大きな力となった。
 河北新報に連載された「とうほく方言の泉」から800項目を厳選。方言のスペシャリスト6人が軽妙なコラムで解説する。
読書の秋、奥深い言葉の世界に浸ってみては。
◆四六 判
◆294 ページ
2013年09月08日発売
1,100円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 特別報道写真集2019・10 台風19号豪雨  宮城・福島・岩手の記録
  • 月を見あげて第三集
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 東北の芸術家たち −人生・仕事を語る
  • とうほく民話散策
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 河北Standard宮城2020-1・2月号(No.34)
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 河北Standard宮城2019-7・8月号(No.31)
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年