とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉

小林隆、志村文隆、櫛引祐希子、遠藤仁、武田拓、澤村美幸 共著

震災で改めて見直された方言。
地域に根差した言葉は、私たちのルーツであり、人と人とをつなぐ大きな力となった。
 河北新報に連載された「とうほく方言の泉」から800項目を厳選。方言のスペシャリスト6人が軽妙なコラムで解説する。
読書の秋、奥深い言葉の世界に浸ってみては。
◆四六 判
◆294 ページ
2013年09月08日発売
1,100円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 緊急出版 報道写真集 3.11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 東日本大震災10年 復興の歩み 宮城・岩手・福島
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 河北春秋ノート
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 原発漂流 福島第1事故10年
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 南東北の山歩き
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行