とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉

小林隆、志村文隆、櫛引祐希子、遠藤仁、武田拓、澤村美幸 共著

震災で改めて見直された方言。
地域に根差した言葉は、私たちのルーツであり、人と人とをつなぐ大きな力となった。
 河北新報に連載された「とうほく方言の泉」から800項目を厳選。方言のスペシャリスト6人が軽妙なコラムで解説する。
読書の秋、奥深い言葉の世界に浸ってみては。
◆四六 判
◆294 ページ
2013年09月08日発売
1,080円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • 創造 地域ブランド −自律をめざしたまちづくり−
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 東北のジュリエット シェイクスピアの名せりふ
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 緊急出版 報道写真集 3.11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録
  • 宮城ふるさとBOOK2017-18
  • 河北スタンダード宮城2014年11・12月号ーvol.3
  • 震災のうた 1800日の心もよう