とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉

小林隆、志村文隆、櫛引祐希子、遠藤仁、武田拓、澤村美幸 共著

震災で改めて見直された方言。
地域に根差した言葉は、私たちのルーツであり、人と人とをつなぐ大きな力となった。
 河北新報に連載された「とうほく方言の泉」から800項目を厳選。方言のスペシャリスト6人が軽妙なコラムで解説する。
読書の秋、奥深い言葉の世界に浸ってみては。
◆四六 判
◆294 ページ
2013年09月08日発売
1,100円(税込)  注文数
その他関連商品
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • みやぎ防災ガイド2020
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 月を見あげて
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 河北Standard宮城2019-5・6月号(No.30)