奥羽の義 戊辰150年

河北新報社編集局編

近代日本の幕開けとなった戦いを機に、東北の諸藩は「逆賊」と呼ばれ、いわれなき不当な扱いを受ける。東北をはじめ全国各地に刻まれた戊辰戦争の記憶を、文章と写真で追った。

カラー
◆A5 判
◆224 ページ
2019年08月29日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 河北Standard宮城2020-9・10月号(No.37)
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • みやぎ木の花散歩みち
  • カタカナ語 目からうろこ
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020