貞山堀に風そよぐ 仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪

仙台の海浜を南北に貫く貞山堀沿いでは、独自の風土と文化に根差した暮らしが営まれていました。未曾有の震災に見舞われても、その麗しい水面の香りと思い出は人々の心の中に生き続けています。江戸期における運河の開発と苦難の末につかんだなりわい、激動の明治、昭和から平成のゆったりとした流れ、そして大津波の襲来と一本の水路に刻まれた記憶をたどります。

◆A5 判
◆208 ページ
2019年03月14日発売
1,650円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北Standard宮城2020-11・12月号(No.38)
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 小さなおうちの12ヵ月
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • タマゴマジック
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 河北Standard宮城2020-7・8月号(No.36)