せんだい 歴史の窓

仙台市史編さん室長 菅野正道

「仙台の歴史というと、誰もが伊達政宗を思い浮かべる。政宗が傑出して魅力的な人物であることは否定しないが、彼があまりにキラキラとまぶしいため、ほかのことが見えにくくなっていないだろうか。政宗のまぶしさからちょっと離れ、仙台の歴史を、視点を変えて眺めたい」(著者)というのが本書の意図だ。
 同名のタイトルで2009年1月から1年間、50回にわたって河北新報に連載されたものに、新たに10本を書き加えた。
 「米どころへの道のり」「史跡が語るくらし」「政宗を読み直す」「仙台城下事件帖」「古道を歩く」など、さまざまな題材を、史実を基に、著者の推測も交えてつづっている。
◆A6 判
◆226 ページ
2011年10月25日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一部 米どころへの道のり
第二部 人と生きる動物たち
第三部 史跡が語るくらし
第四部 城を歩く
第五部 政宗を読み直す
第六部 仙台城下事件帖
第七部 城下町の面影
第八部 名産物
第九部 藩政をめぐって
第十部 古刹を訪ねて
第十一部 古道を歩く
第十二部 正月の風景
その他関連商品
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 育なび みやぎ 2021
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • むすび丸日和
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 仙台藩ものがたり
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 東北の芸術家たち −人生・仕事を語る
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 中高年のための安全登山のすすめ