河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち

野村 哲郎

平成2年から67回に渡って河北新報に連載された企画で、同年7月に河北新報から出版されたものを加筆・修正の上、再発行しました。
第一部は前九年の役の安倍一族と将軍の激闘を、第二部は後三年の役で清原一族が関東武士団と繰り広げた戦いついて、第三部は清衡・基衡・秀衡の藤原三代による平泉の世紀をそれぞれ振り返ります。
激動の時代をエミシたちはどう生きたのか・・・。
◆四六 判
◆212 ページ
2010年07月30日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一部 大負の道
第二部 野望渦巻く
第三部 黄金の桜
その他関連商品
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心
  • 河北Standard宮城2020-1・2月号(No.34)
  • 仙台藩ものがたり
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪
  • とうほく民話散策
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 河北Standard宮城2019-3・4月号(No.29)
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−