全登録 検索結果:136 件

76~80件表示 | 前を表示 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 | 次を表示

地域発イノベーションII 東北企業の資源開発・展開・発展

地域発イノベーション事例調査研究プロジェクト

 「地域発イノベーションII 東北からの挑戦」の続編。本書は”地域発イノベーション”を提唱し、地方だからこそイノベーションが起こるロジックを考えることを試みる。11の事例からなぜ地方からイノベーション… [詳しく見る]
◆A5 判
◆242 ページ
2,160円(税込)
詳しく見る

河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ

鈴木孝也

 著者は三陸河北新報社を経て石巻コミュニティ放送取締役相談役となり、地域ジャーナリストとして取材・執筆活動を続けている鈴木孝也さん。大地震の震源地から最も近かった牡鹿半島。半島の地は東南東に5.3メー… [詳しく見る]
◆四六 判
◆240 ページ
864円(税込)
詳しく見る

地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津… [詳しく見る]
◆四六 判
◆224 ページ
864円(税込)
詳しく見る

地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く

宮城県地名研究会会長 太宰 幸子

 古くから語り継がれてきた地名は私達に津波の恐ろしさを教えてくれていた。 「大船沢」は津波で大きな船が流されて来たのでオオブナサワ、「舟河原」は舟が打ち上げられて来たのでフナガワラ、「越路」はここを津… [詳しく見る]
◆四六 判
◆224 ページ
864円(税込)
詳しく見る

梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。 撮られた花は春のマンサク、フクジュ… [詳しく見る]
◆四六 判
◆176 ページ
864円(税込)
詳しく見る
76~80件表示 | 前を表示 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 | 次を表示