河北選書 みやぎのアイヌ語地名

太宰幸子

太宰幸子著
地名は多くの情報を秘めている。歴史や地形、人々の暮らしぶり、災害の痕跡…。著者は県内各地を訪ね歩いて聞き取り調査を重ね、地形などを自らの目で確認。かつて住んでいたアイヌ語を話す人たちが付けた地名が多いことを突き止める。地名誕生をめぐる謎解きは、推理小説を読むような刺激に満ちている。著者の長年の地名研究の集大成とも言える一冊。
◆四六 判
◆276 ページ
2020年02月27日発売
1,100円(税込)  注文数
その他関連商品
  • カタカナ語 なるほど、そうか!
  • 河北Standard宮城2019-7・8月号(No.31)
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • 2020年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北Standard宮城2020-7・8月号(No.36)
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • みやぎふるさとBOOK2020-2021
  • 貞山堀に風そよぐ   仙台・荒浜 蒲生 新浜 井土 再訪