河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 

会田正宜

11月16日発売予定 

会田正宜著
福島、宮城両県を流れる阿武隈川は東北の母なる川の一つとして、豊かな歴史と文化を育んだ。洪水と格闘しながら耕土を開き、不屈の意志で自然と生きてきた人々の営みを描いた。
◆四六判 判
◆188 ページ
2019年11月16日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 百の花物語
  • みやぎ防災ガイド2020
  • タマゴマジック
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 自信がわく英会話
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影