河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 

会田正宣

11月16日発売予定 

会田正宜著
福島、宮城両県を流れる阿武隈川は東北の母なる川の一つとして、豊かな歴史と文化を育んだ。洪水と格闘しながら耕土を開き、不屈の意志で自然と生きてきた人々の営みを描いた。
◆四六判 判
◆188 ページ
2019年11月16日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 生かされて生きる 〜震災を語り継ぐ〜
  • 明治維新と宮城の芸能
  • 河北選書 みやぎのアイヌ語地名
  • 2022年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 緊急出版 報道写真集 3.11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 東北学院の歴史
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 東日本大震災全記録
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 育なび みやぎ 2021
  • Let’sみやぎ2020-21