河北選書 阿武隈川物語 ー流域の歴史と文化 

会田正宣

11月16日発売予定 

会田正宜著
福島、宮城両県を流れる阿武隈川は東北の母なる川の一つとして、豊かな歴史と文化を育んだ。洪水と格闘しながら耕土を開き、不屈の意志で自然と生きてきた人々の営みを描いた。
◆四六判 判
◆188 ページ
2019年11月16日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 河北Standard宮城2020-3・4月号(No.35)
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • カタカナ語 目からうろこ
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • みやぎ木の花散歩みち
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 南東北の山歩き
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦