南三陸の山城と石塔

田中則和

南三陸では東日本大震災の復興工事の中、石塔(板碑)、山城の一部などが姿を現した。元宮城県考古学会会長が自ら足を運んで調査発掘した成果を一冊にまとめた。南三陸地方の新たな歴史が明らかに。

◆四六 判
◆210 ページ
2018年10月29日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 河北Standard宮城2019-5・6月号(No.30)
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • やる気のモト。2
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • みやぎ防災ガイド2019
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより