南三陸の山城と石塔

田中則和

南三陸では東日本大震災の復興工事の中、石塔(板碑)、山城の一部などが姿を現した。元宮城県考古学会会長が自ら足を運んで調査発掘した成果を一冊にまとめた。南三陸地方の新たな歴史が明らかに。

◆四六 判
◆210 ページ
2018年10月29日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 南東北の山歩き
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 河北Standard宮城2018-7・8月号(No.25)
  • みやぎ不思議な地名 楽しい地名         
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • 河北スタンダード宮城2016年5.6月号-vol.12
  •  宮城の医療と健康2018-2019
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉