南三陸の山城と石塔

田中則和

南三陸では東日本大震災の復興工事の中、石塔(板碑)、山城の一部などが姿を現した。元宮城県考古学会会長が自ら足を運んで調査発掘した成果を一冊にまとめた。南三陸地方の新たな歴史が明らかに。

◆四六 判
◆210 ページ
2018年10月29日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • 河北Standard宮城2018-11・12月号(No.27)
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • みやぎ地名の旅
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 【在庫なし】河北Standard宮城2018-1・2月号(No.22)