南三陸の山城と石塔

田中則和

南三陸では東日本大震災の復興工事の中、石塔(板碑)、山城の一部などが姿を現した。元宮城県考古学会会長が自ら足を運んで調査発掘した成果を一冊にまとめた。南三陸地方の新たな歴史が明らかに。

◆四六 判
◆210 ページ
2018年10月29日発売
880円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 月を見あげて 第二集
  • Let’sみやぎ2020-21
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 復元船 サン・ファン・バウティスタ号 大図鑑1990-2021
  • 河北Standard宮城2019-11・12月号(No.33)
  • 奥羽の義 戊辰150年
  • むすび丸日和