昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語

仙台市電アーカイブ委員会著

40年以上が過ぎたいまも、市民の記憶に長く刻まれている仙台市電。本書は戦前から戦後の復興期、高度成長期の街を走る勇姿の写真をふんだんに使った仙台市電の写真集です。きめ細かな最新の取材によって市電の誕生と興隆、廃止に至るいきさつについて詳しく文章で紹介します。都市交通の父と呼ばれた技術者の思い出をつづったほか、長く運転手を務めた男性のインタビューも収録。こぼれ話をコラムにして掲載。系統図など資料も満載です。
◆B5横 判
◆116 ページ
2018年05月22日発売
1,512円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 地域発イノベーションIII 震災からの復興・東北の底力
  • 仙台藩ものがたり
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 百の花物語
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅