昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語

仙台市電アーカイブ委員会著

40年以上が過ぎたいまも、市民の記憶に長く刻まれている仙台市電。本書は戦前から戦後の復興期、高度成長期の街を走る勇姿の写真をふんだんに使った仙台市電の写真集です。きめ細かな最新の取材によって市電の誕生と興隆、廃止に至るいきさつについて詳しく文章で紹介します。都市交通の父と呼ばれた技術者の思い出をつづったほか、長く運転手を務めた男性のインタビューも収録。こぼれ話をコラムにして掲載。系統図など資料も満載です。
◆B5横 判
◆116 ページ
2018年05月22日発売
1,512円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 百の花物語
  • 特別縮刷版 3・11東日本大震災 1カ月の記録
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 河北Standard宮城2017・11・12月号(No.21)
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 四ツ谷用水 光と影
  • さがすこだわるつくる 地域づくり論
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち