昭和を走ったせんだい市電 ーレールと街並みの今昔物語

仙台市電アーカイブ委員会著

40年以上が過ぎたいまも、市民の記憶に長く刻まれている仙台市電。本書は戦前から戦後の復興期、高度成長期の街を走る勇姿の写真をふんだんに使った仙台市電の写真集です。きめ細かな最新の取材によって市電の誕生と興隆、廃止に至るいきさつについて詳しく文章で紹介します。都市交通の父と呼ばれた技術者の思い出をつづったほか、長く運転手を務めた男性のインタビューも収録。こぼれ話をコラムにして掲載。系統図など資料も満載です。
◆B5横 判
◆116 ページ
2018年05月22日発売
1,540円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 東日本大震災10年 復興の歩み 宮城・岩手・福島
  • 南東北名山ガイド 栗駒山
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 東北学院の歴史
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 東北の芸術家たち −人生・仕事を語る
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然