奥州三十三観音の旅 改訂新版

岩手、宮城、福島にまたがる奥州三十三観音は、由緒や伽藍の規模など、他に誇りうる寺院が多く、奥州の歴史・文化を知る上で、貴重な文化財となっている。現在の札所は宝暦11年(1761年)に、気仙沼の三十番札所「補陀寺」の智膏和尚ら7人の僧によって定められた。
 改訂版では各札所を示す地図に拡大図を付け、見やすくしたのが特徴。奥州三十三観音札所巡りが盛んに行われるようになったのは18世紀初めのころと推定されている。信仰のためだけでなく、遊山や観光といったレクリエーション的な意味合いも含まれていた。観音様に手を合わせ、美しい風景を眺めることで安らぎを求める、人々の思いは今も変わらないのだろう。
◆A5 判
◆164 ページ
2017年10月17日発売
1,836円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 河北Standard宮城2017-7・8月号(No.19)
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 特別報道写真集「岩手・宮城内陸地震」
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く