奥州三十三観音の旅 改訂新版

岩手、宮城、福島にまたがる奥州三十三観音は、由緒や伽藍の規模など、他に誇りうる寺院が多く、奥州の歴史・文化を知る上で、貴重な文化財となっている。現在の札所は宝暦11年(1761年)に、気仙沼の三十番札所「補陀寺」の智膏和尚ら7人の僧によって定められた。
 改訂版では各札所を示す地図に拡大図を付け、見やすくしたのが特徴。奥州三十三観音札所巡りが盛んに行われるようになったのは18世紀初めのころと推定されている。信仰のためだけでなく、遊山や観光といったレクリエーション的な意味合いも含まれていた。観音様に手を合わせ、美しい風景を眺めることで安らぎを求める、人々の思いは今も変わらないのだろう。
◆A5 判
◆164 ページ
2017年10月17日発売
1,836円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 河北スタンダード宮城2015年3.4月号−vol.5
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 2019年度版宮城県 高校受験総合ガイド
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • 歴史の薫りに触れる とうほく旅街道
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち