被災地選挙の諸相 現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで

河村和徳・伊藤裕顕著

中央の政治は「自民1強」といわれます。東北はどうでしょう。東日本大震災後の選挙をみると、違った姿が浮かび上がります。東北大大学院准教授の河村氏は宮城、福島、岩手県をくまなく回り、震災復興と被災者の選挙行動を分析してきました。本書はその集大成です。昨夏の参院選をはじめ、岩手県知事選などで自民が独自候補を立てなかった内幕、原発問題を抱える福島の事情、政務活動費の問題点を描いています。「風化帰還はなぜ語られず、掛け声ばかりが響くのか」と地方政治のありようを問いかけています。
◆A5 判
◆280 ページ
2017年03月13日発売
2,160円(税込)  注文数
その他関連商品
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 暮らしの法律便利帳 −増補改訂新版− 弁護士がアドバイス
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 特別報道写真集「岩手・宮城内陸地震」
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 食の泉 世界の恵みを味わって