河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)

宮城県のスポーツ事情を紹介する河北スポーツマガジン「河北Standard宮城」の第17号は丸森仲吾氏(元七十七銀行頭取・会長)と三井精一氏(仙台銀行相談役)による球春ビッグ対談を掲載。また五輪連覇に向け、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手を「足元」から支えるスケート靴研磨師の吉田年伸さん、ベガルタ仙台の歴史を振り返る連載(第2回)を掲載しています。
他にも、選抜高校野球大会出場の仙台育英学園高、宮城県高校ハンドボール35チームの紹介、「南東北インターハイ応援宣言」の剣道、なぎなた、フェンシングなど情報が盛りだくさんです。
◆A4 判
◆108 ページ
2017年03月01日発売
800円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • LET’Sみやぎ2016
  • 河北Standard宮城2017-5・6月号(No.18)
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡