四ツ谷用水 光と影

大和田雅人著

伊達政宗の命で築かれた四ツ谷用水。およそ80年の歳月をかけ、城下町を縦横に織りなした44キロの水路は仙台の基盤を創り上げました。しかし、都市交通の発展や下水道の整備によって水路は明治期から昭和初期にかけて地下に埋められます。現在は工業用水として使われるのみとなりました。堀の隆盛と衰退、光と影を探ります。
◆A5 判
◆184 ページ
2017年02月25日発売
1,620円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 地域発イノベーションII 東北企業の資源開発・展開・発展
  • 育なび みやぎ 2017
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 宮城の医療と健康2016-2017
  • 暮らしの法律便利帳 −増補改訂新版− 弁護士がアドバイス
  • 自信がわく英会話
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • タマゴマジック