四ツ谷用水 光と影

大和田雅人著

伊達政宗の命で築かれた四ツ谷用水。およそ80年の歳月をかけ、城下町を縦横に織りなした44キロの水路は仙台の基盤を創り上げました。しかし、都市交通の発展や下水道の整備によって水路は明治期から昭和初期にかけて地下に埋められます。現在は工業用水として使われるのみとなりました。堀の隆盛と衰退、光と影を探ります。
◆A5 判
◆184 ページ
2017年02月25日発売
1,620円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)
  • 河北Standard宮城2017-7・8月号(No.19)
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • LET’Sみやぎ2016
  • みやぎ防災ガイド2017
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−