河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)

宮城県のスポーツ事情を紹介する河北スポーツマガジン「河北Standard宮城」の第16号はフリーエージェントで東北楽天に移籍した岸孝之投手(東北学院大卒)と梨田昌孝監督のインタビューを掲載。また五輪会場移転問題で全国的に注目を浴びた長沼ボート場や、東北電力サッカー部から移管し今年で30年を迎えるベガルタ仙台の連載(全3回)を掲載しています。他にも、宮城県高校バスケットボール73チームの紹介、「南東北インターハイ応援宣言」のボート、少林寺拳法など情報が盛りだくさんです。
◆A4 判
◆108 ページ
2016年12月27日発売
800円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 河北スタンダード宮城2015年3.4月号−vol.5
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 460字の風景 夕刊コラムが映す被災地の今
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 地域発イノベーションII 東北企業の資源開発・展開・発展
  • 緊急出版 報道写真集 3.11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 魅惑の東北ローカル線「北東北線」
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ