河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)

宮城県のスポーツ事情を紹介する河北スポーツマガジン「Standard宮城」の第15号は「レガシーを生かせ」と題し、リオ五輪でメダルを獲得したバドミントンの?橋礼華・松友美佐紀ペアと、卓球の福原愛を特集。両競技で2020年の東京を見据える有力選手も紹介します。
また、「南東北インターハイ応援宣言」の下、宮城県で開催される競技を中心に、有力チーム、選手を2017年7月の開幕直前まで連載で紹介します。
他にも、宮城県高校バレーボール61チームの紹介、秋季高校野球宮城県大会プレーバックなど情報が盛りだくさんです。
奇数月の1日に発行、次号は12月29日発売です。
◆A4 判
◆108 ページ
2016年11月01日発売
800円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 育なび みやぎ 2017
  • やる気のモト。2
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • TBCみやぎ手帖2018
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • ふるさとの星 和名歳時記
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然