カタカナ語 なるほど、そうか!

大津幸一

会話の中に、あるいは文章にカタカナ語が数多く登場するようになってどれぐらいの年月がたつのでしょう。ひところ、「カタカナ語の氾濫」という言葉もありました。でも、中にはわたしたちの毎日にすっかり溶け込んだカタカナ語もありますし、日本語のようにして使っている言葉もあります。学校でよく使われる「オリエンテーション」は集まりと呼ぶより、なじんでいるのではないでしょうか。せっかく定着しているカタカナ語と仲よく付き合い、豊かな日常生活を過しましょう。
◆四六 判
◆184 ページ
2016年06月11日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 写真集 必ず明日はやって来る
  • 八木山物語
  • 七月十日は灰の町
  • 緊急出版 報道写真集 3.11大震災 巨大津波が襲った 発生から10日間 東北の記録
  • 四ツ谷用水 光と影
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • LET’Sみやぎ2018-19  35市町村の祭りイベント年鑑
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心
  • 育なびみやぎ2018
  • 仙台藩ものがたり
  • 河北Standard宮城2016-9・10月号(No.14)