カタカナ語 なるほど、そうか!

大津幸一

会話の中に、あるいは文章にカタカナ語が数多く登場するようになってどれぐらいの年月がたつのでしょう。ひところ、「カタカナ語の氾濫」という言葉もありました。でも、中にはわたしたちの毎日にすっかり溶け込んだカタカナ語もありますし、日本語のようにして使っている言葉もあります。学校でよく使われる「オリエンテーション」は集まりと呼ぶより、なじんでいるのではないでしょうか。せっかく定着しているカタカナ語と仲よく付き合い、豊かな日常生活を過しましょう。
◆四六 判
◆184 ページ
2016年06月11日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 八木山物語
  • 七月十日は灰の町
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 宮城ふるさとBOOK 2016年度版
  • 河北Standard宮城2017-5・6月号(No.18)
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 東日本大震災復興研究II 東北地域の産業・社会の復興と 再生への提言
  • 月を見あげて第三集
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • みやぎ野草花咲く散歩道