春をいろどる みやぎ桜見聞録

高階道子

 東北の野山には、日本のほとんどの野生種のサクラがあるという。里にエドヒガン、丘陵地にヤマザクラ、山地近くにはオオヤマザクラ。しかも、みな野生種だから、変異があって個体ごとに表情が違うとも。 本書は、サクラの美しさのとりこになり、長年“追っかけ”を続ける著者が、宮城県内各地のサクラの魅力を伝える一冊。?階さんは公益財団法人「日本花の会」桜の名所づくりアドバイザーで、宮城県自然環境保全審議会委員などを務める。  本書は3章で構成。第1章「風土と『桜愛』」 第2章「野山を歩く」 第3章「サクラの生態学」。サクラに関するうんちくがたっぷり。サクラの一部はカラー写真で紹介する。
◆四六 判
◆168 ページ
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 風土と「桜愛」
第二章 野山を歩く
第三章 サクラの生態学
 
その他関連商品
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7
  • 東日本大震災復興研究II 東北地域の産業・社会の復興と 再生への提言
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 2017年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 南東北の山歩き
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志
  • 河北Standard宮城2017-5・6月号(No.18)