春をいろどる みやぎ桜見聞録

高階道子

 東北の野山には、日本のほとんどの野生種のサクラがあるという。里にエドヒガン、丘陵地にヤマザクラ、山地近くにはオオヤマザクラ。しかも、みな野生種だから、変異があって個体ごとに表情が違うとも。 本書は、サクラの美しさのとりこになり、長年“追っかけ”を続ける著者が、宮城県内各地のサクラの魅力を伝える一冊。?階さんは公益財団法人「日本花の会」桜の名所づくりアドバイザーで、宮城県自然環境保全審議会委員などを務める。  本書は3章で構成。第1章「風土と『桜愛』」 第2章「野山を歩く」 第3章「サクラの生態学」。サクラに関するうんちくがたっぷり。サクラの一部はカラー写真で紹介する。
◆四六 判
◆168 ページ
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 風土と「桜愛」
第二章 野山を歩く
第三章 サクラの生態学
 
その他関連商品
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 宮城の医療と健康2016-2017
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 創造 地域ブランド −自律をめざしたまちづくり−
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • 東日本大震災復興研究III 震災復興政策の検証と新産業創出への提言
  • 河北スタンダード宮城2016年7.8月号-vol.13
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心