南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく

佐藤仁著 

二度と悲運に遭わないために、今こそ伝えたい―。震災で九死に一生を得た小さな町の町長が語る「あの日」そして「あれからの日々」。高台移転、商業・漁業の復活、制度の壁…。被災地の現実と課題に立ち向かった闘いの記録。
◆四六 判
◆240 ページ
2014年03月28日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
序 章 「新たな町」へ
第一章 あの日、街が消えた
第二章 一夜明けて
第三章 暗中模索−動き出した復興
第四章 支えられて
第五章 一歩、また一歩
第六章 未来へ
その他関連商品
  • 育なび みやぎ 2021
  • 南東北名山ガイド 泉ヶ岳・船形山
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 河北春秋ノート
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 月を見あげて