南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく

佐藤仁著 

二度と悲運に遭わないために、今こそ伝えたい―。震災で九死に一生を得た小さな町の町長が語る「あの日」そして「あれからの日々」。高台移転、商業・漁業の復活、制度の壁…。被災地の現実と課題に立ち向かった闘いの記録。
◆四六 判
◆240 ページ
2014年03月28日発売
880円(税込)  注文数
◆内容、目次
序 章 「新たな町」へ
第一章 あの日、街が消えた
第二章 一夜明けて
第三章 暗中模索−動き出した復興
第四章 支えられて
第五章 一歩、また一歩
第六章 未来へ
その他関連商品
  • やる気のモト。2
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 河北Standard宮城2019-9・10月号(No.32)
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 魅惑の東北ローカル線「南東北」
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • みやぎ地名の旅
  • 仙台藩ものがたり
  • 南三陸の山城と石塔
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録