大人へおくる小さな物語 ちっぽけな心

絵と文 さとうたつお
大人へ贈るクリスマスプレゼント
 仙台のイラスト作家が遺したちっちゃな絵本です
 ほのぼのとした絵と文にぽかぽか心が温まります
 河北文学賞受賞作「北上川〜どこまでも青い空だった日」も紹介

◆B5(横) 判
◆64 ページ
2013年11月28日発売
1,320円(税込)  注文数
◆内容、目次
◆まえがき
◆ちっぽけな心
◆雪のファンタジー
◆夕日がまぶしい
◆お盆さま
◆宣伝カー
◆紙芝居
◆芝居がやってきた
◆みのおんつぁん
◆雪ばんば、冬がくる・・・
◆五郎くんのこと
◆ペスの子犬
◆短編小説「北上川〜どこまでも青い空だった日」
◆ふろく ぼくのふるさとみやぎ
◆あとがき
その他関連商品
  • いつもの明日
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北Standard宮城2019-1・2月号(No.28)
  • みやぎ地名の旅
  • みやぎ防災ガイド2021
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 写ネーチャー 仙台圏の自然
  • 月を見あげて
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 太宰治と仙台 −人・街と創作の接点
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機