梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。
 撮られた花は春のマンサク、フクジュソウ、イチリンソウから冬のロウバイ、カラタチバナ、マツユキソウまで156種。
◆四六 判
◆176 ページ
2012年12月05日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 育なび みやぎ 2017
  • 河北スタンダード宮城2015年11・12月号−vol.9
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • やる気のモト。2
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • さがすこだわるつくる 地域づくり論
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 自信がわく英会話