梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。
 撮られた花は春のマンサク、フクジュソウ、イチリンソウから冬のロウバイ、カラタチバナ、マツユキソウまで156種。
◆四六 判
◆176 ページ
2012年12月05日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • せんだい 歴史の窓
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 四ツ谷用水 光と影 増補改訂版
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 河北Standard宮城2018-9・10月号(No.26)
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 宮城の医療と健康2017-2018
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集