梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。
 撮られた花は春のマンサク、フクジュソウ、イチリンソウから冬のロウバイ、カラタチバナ、マツユキソウまで156種。
◆四六 判
◆176 ページ
2012年12月05日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 育なびみやぎ2018
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 3・11大震災復興支援企画 ありがとうの詩 詩集・楽曲集
  • 宮城の医療と健康2017-2018
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)
  • 四ツ谷用水 光と影
  • リオデジャネイロパラリンピック 2016報道写真集
  • 梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ
  • 食の泉 世界の恵みを味わって