梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。
 撮られた花は春のマンサク、フクジュソウ、イチリンソウから冬のロウバイ、カラタチバナ、マツユキソウまで156種。
◆四六 判
◆176 ページ
2012年12月05日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • やる気のモト。2
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 道の駅旅案内全国地図 平成30年度版
  • カタカナ語 目からうろこ
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 3・11大震災復興支援企画 ありがとうの詩 詩集・楽曲集
  • せんだい 歴史の窓
  • ようこそ星めぐり せんだい天文台だより
  • 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに 
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く