梟の花唄 せんだい 四季を遊ぶ

管野 邦夫

 著者は仙台市野草園の名誉園長。河原で拾った石にフクロウを彫り、四季折々の花々と一緒に撮った写真をまとめた詩集。花と一緒のフクロウは硬い石とは思えないほど柔らかい。
 撮られた花は春のマンサク、フクジュソウ、イチリンソウから冬のロウバイ、カラタチバナ、マツユキソウまで156種。
◆四六 判
◆176 ページ
2012年12月05日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • せんだい 歴史の窓
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 3・11大震災復興支援企画 ありがとうの詩 詩集・楽曲集
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 伊達侍と世界をゆく 「慶長遣欧使節」とめぐる旅
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 東日本大震災復興研究III 震災復興政策の検証と新産業創出への提言
  • 仙台藩ものがたり
  • ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災
  • 宮城ふるさとBOOK2017-18