河北選書 政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年

 東日本大震災の大津波が石巻市渡波の宮城県慶長使節船ミュージアムに係留されている復元船サン・ファン・バウティスタ号を襲った。サン・ファン号は船体を前後左右に激しく揺らしながら大波に耐えた。舳先は真東に向けられ、その姿はまるで、大海に挑むようだったという。
 支倉常長らを乗せたサン・ファン号が月浦を出帆してから、来年2013年10月28日で400年となる。「政宗の夢 常長の現(うつつ) 慶長使節四百年」=写真=は、大きな節目を迎え、東北・仙台が発信した「慶長使節」という歴史テーマを考えてもらおうと発行された。“水先案内”を務める著者は元仙台市博物館長で、慶長使節の研究に長年携わってきた濱田直嗣さん。
 慶長使節というと常長が表面に出るが、その背後には常に藩主伊達政宗がいた─と、濱田さんは指摘。常長が寡黙に、敬虔に進んだのは主君がともにいることを認識してのことだったと思うと述べる。
ところで、使節派遣の2年前には慶長大津波が三陸一帯を襲っている。この混乱を乗り越え、慶長使節という大事業は成し遂げられた。彼らの時代から400年の時を経て、東日本大震災に遭遇した。私たちも希望と勇気をもって困難を乗り越えようとしている今こそ、慶長使節に学ぶ意義があると、濱田さんは訴えている。
◆四六 判
◆314 ページ
2012年10月04日発売
1,080円(税込)  注文数
◆内容、目次
第1章  伊達政宗と伊達衆
第2章  使節派遣の経緯と目的
第3章  メキシコ・大西洋・セビリヤ        
第4章  王都マドリートの使節
第5章  ローマの使節
第6章  帰路のスペインとメキシコ
第7章  大使の帰国と死
終 章  語り続けるもの、受け継ぐもの
その他関連商品
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • みちのくお伽草子 東北の昔話と艶笑譚
  • 癒しの微笑み 東北こけしの話
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • せんだい百景いま昔 写真がつなぐ半世紀
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7
  • 南東北の山歩き
  • 3・11大震災復興支援企画 ありがとうの詩 詩集・楽曲集
  • エミシとヤマト 鉄と馬と黄金の争奪戦
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行