河北選書 「おくのほそ道」を科学する

蟹澤 聰史

 俳人松尾芭蕉が晩年に記した「おくのほそ道」の研究書や、足跡をたどった紀行文は数多いが、本書は、自然科学的な見方を通して芭蕉の足跡をたどってみたらどうなるだろう─と書かれた、遊び心たっぷりの一冊だ。
 東北大学名誉教授の著者は地質学・岩石学・地球化学が専門だが、芭蕉の文章にある語句の意味するものを、歩いた道端にひっそり咲く花や石ころ、星や月の運行、季節の移ろいなどを通して芭蕉の旅を眺めた。「おくのほそ道」で道草を!
◆四六 判
◆214 ページ
2012年06月21日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 芭蕉の哲学・時間
第二章 草加から殺生石・遊行柳まで
第三章 白河の関から末の松山まで
第四章 塩竈・松島から象潟まで
第五章 越後路へ
第六章 芭蕉つれづれ
その他関連商品
  • タマゴマジック
  • やる気のモト。2
  • 被災地選挙の諸相2  選挙を通じて考える被災地復興の光と影
  • 奥州三十三観音の旅 改訂新版
  • 宮城ふるさとBOOK 2019-2020
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • LET’Sみやぎ2018-19  35市町村の祭りイベント年鑑
  • 地名は知っていた〈下〉 七ヶ浜〜山元 津波被災地を歩く
  • 南東北の山歩き
  • 女の文箱 わたしの句読点
  • みやぎ地名の旅
  • 河北スタンダード宮城2016年1・2月号−vol.10