河北選書 「おくのほそ道」を科学する

蟹澤 聰史

 俳人松尾芭蕉が晩年に記した「おくのほそ道」の研究書や、足跡をたどった紀行文は数多いが、本書は、自然科学的な見方を通して芭蕉の足跡をたどってみたらどうなるだろう─と書かれた、遊び心たっぷりの一冊だ。
 東北大学名誉教授の著者は地質学・岩石学・地球化学が専門だが、芭蕉の文章にある語句の意味するものを、歩いた道端にひっそり咲く花や石ころ、星や月の運行、季節の移ろいなどを通して芭蕉の旅を眺めた。「おくのほそ道」で道草を!
◆四六 判
◆214 ページ
2012年06月21日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 芭蕉の哲学・時間
第二章 草加から殺生石・遊行柳まで
第三章 白河の関から末の松山まで
第四章 塩竈・松島から象潟まで
第五章 越後路へ
第六章 芭蕉つれづれ
その他関連商品
  • 自信がわく英会話
  • 憲法とみやぎ人 草の根デモクラシーのバトンリレー
  • 河北選書 南部杜氏の詩(バラード)
  • 宮城ふるさとBOOK2017-18
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • みやぎ不思議な地名 楽しい地名         
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 月を見あげて
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈上〉
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる