祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる

河北新報社

 33の姿に身を変えて人々を救うと伝えられる観音さま。
 主に仙台城下に置かれた観音堂を巡礼する仙台三十三観音めぐりは、元禄時代(1688〜1704年)に始まったとされる。
 人々は心の安らぎを求めて歩みを進めたのだろう。300年の時を経て、今に伝わる観音さまを祀る街を訪ねた。
◆四六 判
◆220 ページ
2011年12月15日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1
  • 河北Standard宮城2018-11・12月号(No.27)
  • 月を見あげて
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 河北スタンダード宮城2016年3・4月号−vol.11
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • 報道写真集 巨大津波が襲った 3・11大震災<英訳版>
  • 2019年度版宮城県 高校受験総合ガイド
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 東北発 10人の新リーダー 復興にかける志