祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる

河北新報社

 33の姿に身を変えて人々を救うと伝えられる観音さま。
 主に仙台城下に置かれた観音堂を巡礼する仙台三十三観音めぐりは、元禄時代(1688〜1704年)に始まったとされる。
 人々は心の安らぎを求めて歩みを進めたのだろう。300年の時を経て、今に伝わる観音さまを祀る街を訪ねた。
◆四六 判
◆220 ページ
2011年12月15日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北スタンダード宮城2014年11・12月号ーvol.3
  • 被災地選挙の諸相  現職落選ドミノの衝撃から二〇一六年参議院選挙まで
  • 河北選書 白球夢を追う みやぎ・野球人の軌跡
  • 河北春秋ノート
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • タマゴマジック
  • 仙台藩ものがたり
  • 河北選書 漁場が消える 三陸・マグロ危機
  • よもやま探訪記「仙台人気質」
  • 2017年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  • 河北スタンダード宮城2014年7・8月号−vol.1