祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる

河北新報社

 33の姿に身を変えて人々を救うと伝えられる観音さま。
 主に仙台城下に置かれた観音堂を巡礼する仙台三十三観音めぐりは、元禄時代(1688〜1704年)に始まったとされる。
 人々は心の安らぎを求めて歩みを進めたのだろう。300年の時を経て、今に伝わる観音さまを祀る街を訪ねた。
◆四六 判
◆220 ページ
2011年12月15日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 月を見あげて
  • みやぎ野草花咲く散歩道
  •  特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか
  • 八木山物語
  • 南三陸町長の3年 あの日から立ち止まることなく
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)
  • タマゴマジック
  • 東日本大震災復興研究III 震災復興政策の検証と新産業創出への提言
  • 河北Standard宮城2016-11・12月号(No.15)