祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる

河北新報社

 33の姿に身を変えて人々を救うと伝えられる観音さま。
 主に仙台城下に置かれた観音堂を巡礼する仙台三十三観音めぐりは、元禄時代(1688〜1704年)に始まったとされる。
 人々は心の安らぎを求めて歩みを進めたのだろう。300年の時を経て、今に伝わる観音さまを祀る街を訪ねた。
◆四六 判
◆220 ページ
2011年12月15日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 仙台を探訪する55話 ー政宗さんは美男子でやさ男
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈下〉
  • むすび丸日和
  • 月を見あげて 第二集
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • 震災のうた 1800日の心もよう
  • 河北Standard宮城2018-9・10月号(No.26)
  • 津波被災前・後の記録 宮城・岩手・福島 航空写真集
  • 河北Standard宮城2018-11・12月号(No.27)
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 河北スタンダード宮城2014年11・12月号ーvol.3