祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる

河北新報社

 33の姿に身を変えて人々を救うと伝えられる観音さま。
 主に仙台城下に置かれた観音堂を巡礼する仙台三十三観音めぐりは、元禄時代(1688〜1704年)に始まったとされる。
 人々は心の安らぎを求めて歩みを進めたのだろう。300年の時を経て、今に伝わる観音さまを祀る街を訪ねた。
◆四六 判
◆220 ページ
2011年12月15日発売
864円(税込)  注文数
その他関連商品
  • 河北選書 「おくのほそ道」を科学する
  • 食の泉 世界の恵みを味わって
  • 河北選書 日高見の時代〜古代東北のエミシたち
  • 寄り道・道草 仙台まち歩き
  • 河北春秋ノート
  • 河北Standard宮城2017-3・4月号(No.17)
  • 片平の散歩道 金研百年の歩みとともに 
  • 宮城ふるさとBOOK 2016年度版
  • 創造 地域ブランド −自律をめざしたまちづくり−
  • ごっつぉうさんII ー伝えたい宮城の手づくり加工
  • 河北スタンダード宮城2015年5.6月号−vol.6
  • ふるさとの星 和名歳時記