せんだい 歴史の窓

仙台市史編さん室長 菅野正道

「仙台の歴史というと、誰もが伊達政宗を思い浮かべる。政宗が傑出して魅力的な人物であることは否定しないが、彼があまりにキラキラとまぶしいため、ほかのことが見えにくくなっていないだろうか。政宗のまぶしさからちょっと離れ、仙台の歴史を、視点を変えて眺めたい」(著者)というのが本書の意図だ。
 同名のタイトルで2009年1月から1年間、50回にわたって河北新報に連載されたものに、新たに10本を書き加えた。
 「米どころへの道のり」「史跡が語るくらし」「政宗を読み直す」「仙台城下事件帖」「古道を歩く」など、さまざまな題材を、史実を基に、著者の推測も交えてつづっている。
◆A6 判
◆226 ページ
2011年10月25日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一部 米どころへの道のり
第二部 人と生きる動物たち
第三部 史跡が語るくらし
第四部 城を歩く
第五部 政宗を読み直す
第六部 仙台城下事件帖
第七部 城下町の面影
第八部 名産物
第九部 藩政をめぐって
第十部 古刹を訪ねて
第十一部 古道を歩く
第十二部 正月の風景
その他関連商品
  • みやぎ不思議な地名 楽しい地名         
  • 祈りの街 仙台三十三観音を訪ねる
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡
  • 河北選書 とうほく巨樹紀行
  • 百の花物語
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ
  • 河北Standard宮城2017-1・2月号(No.16)
  • 河北選書「言葉が独創を生む 東北大学ひと語録」
  • 宮城ふるさとBOOK 2016年度版
  • 2017年度版 宮城県高校受験総合ガイド
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7